投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新年明けましておめでとう御座います。

 投稿者:  投稿日:2009年 1月 1日(木)10時50分11秒
   新年明けましておめでとう御座います、今年も宜しくお願いいたします。
 今年が、皆様にとっても「イージス」にとっても良い年でありますように。
 

コミックス読みましたよ!

 投稿者:hornet  投稿日:2008年12月31日(水)18時14分9秒
  第2話を読みました
組織化された悪意、統率された混沌に僕らの秩序は今のところなす術がありませんね
助けに来た人物もこれから活躍するあの男たちも混沌側の人間だし…
あと一冊で終わってしまうとのこと、どうやったらあのアウトローたちが一冊にあさまってくれるのか、今はちょっと想像できないんですが
クライマックスがとても楽しみです
 

新刊だ~♪

 投稿者:  投稿日:2008年12月26日(金)17時44分9秒
  本屋に行きましたら、暁のイージス5巻発売していました!!
もち買いましたが、かわりに増刊号は発見できず無念・・・
年末でマスター、皆さん忙しいと思いますが、あと少しで新年です。
気を抜かず頑張りましょうね。では失礼を
 

VOID 02

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2008年11月12日(水)05時30分21秒
  あらら、YAHOO!コミックのビューワーはどうにもトラブルが多いようですね。
そんな方は、日を置いて再度挑戦していただくか、講談社コミックプラスで
毎月25日に配信されるヒーロークロスラインをお奨めしておきます。
こっちはマックユーザーにも対応している上に、FIREFOXにも対応してます。
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/18341

ちなみに「VOID」は早々に他のHXL作品にもクロスオーバー出演が進行中です。
どうぞご期待ください。
 

何故だか読めません

 投稿者:すがたけメール  投稿日:2008年11月12日(水)03時22分20秒
   皆様、お久しぶりです。
 そしてマスター、『VOID』配信お疲れーションバースト。
 しかし……何度か試してみたのですが、『VOID』が読めません。
 いつも見ている『ジエンド』はしっかりと見れているというのに……ジーザス!
 以前からHXLを見ていてこういったことが多いのは承知していたのですが、よりにもよってここでかよ、と言った感じです。
 愚痴っていても仕方ないので、楽しみが伸びたと思って、日を置いて再チャレンジしてみます。

http://www.h3.dion.ne.jp/~sugatake/

 

VOID

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2008年11月12日(水)02時43分26秒
  てなわけで「VOID」、本日からYahoo!コミックで無料配信はじまりました。
第2話からいろいろと他のHXL作品とのクロスオーバーをします。
お楽しみに。

さあ、「暁のイージス」は私の方は最終章にかかります。
 

やっと読めました。

 投稿者:  投稿日:2008年11月10日(月)21時28分5秒
編集済
   紆余曲折の末、YSスペシャルvol.2やっと見つけました。
これでようやく「暁のイージス」が読めましたが、読後の感想は「バタフライは悪だが、子供が相手の反応を楽しんでいて」まだまだこれから2段・3段構えの罠が待ち構えている感じでした。
 ラストで彼らが登場した事で今後の展開に期待が持てますが、彼らがアメリカで無く日本に登場したのが以外で、個人的には「闇のイージス」の初期に登場した元クランの爆弾魔「真島忠男」とか旧キャラクターが魔女おばさんの手により復活とか邪推していました。
 今回の話を読んで何故か、雁人=エドモン・ダンテスを連想しちゃいました。
 

まだ読めません・・・

 投稿者:  投稿日:2008年11月 3日(月)21時08分28秒
編集済
   自分もhornetさんと同じく、第2話読んでいません、ちゅうか探しているけど見つかりません。なので返信できなかったのですが、これはYSスペシャルvol.2が売れていると喜ぶべきでしょうか?

>「VOID」については新連載おめでとう御座いますと言うべきですが、個人的には「8マンインフィニティ」の連載再開の方を楽しみに鼻血堪えています。
 

羨ましい

 投稿者:hornet  投稿日:2008年11月 1日(土)18時46分58秒
  皆さん、第2話を読みましたか
僕は読んでません、探しても見つからないです
このままコミックスを待つのも趣があっていいかな、と思ってますが

「VOID」も配信は読む予定がありませんが、コミックスが出たら必ず買います
そして、他の作品も読んで見たい衝動に駆られる罠、よく出来ている
今から財布と相談します

話は変わりますが、アニメ「ブラックラグーン」のオープニングを歌っておられる
MELLさんのアルバムが出ていたので買ってみました
よくとおる声にいい曲が多くておススメです
 

蝶は舞い降りた

 投稿者:聖徒怪鳥  投稿日:2008年10月30日(木)19時19分5秒
  先生こんにちは。YSスペシャルvol.2見ました。今回の「蝶」のワルぶりは特に際立っていました。これ以上ないというくらいのやり方で楯を窮地に追い込んで、読んでいて「なんちゅう悪いやつや」と声を出して言いそうになりました。「蝶」はこれまで自分が見た中で、最高の悪のヒーローですね。

その「蝶」の真の正体が明かされるのが楽しみですが、とりあえず、「蝶」がアビスの中で唸っていた「アビー」って・・・誰やねん、というのがキーポイントの一つかと思われます。

今回の話の流れから見ると、「蝶」はこれからずっと「彼女」を連れまわすことになりそうですが、彼女は今回の戦いにおいて、楯雁人と「蝶」二人の主人公に次ぐ、キーパーソンになりそうです。そういえばこれまでにも彼女は、要所に立ち会ってきましたね。

今話のラストで、楯はあの戦友たちと再会できましたが、総力戦と思われる今回は、しばらく顔を見てなかったあのキャラたち、生死不明のあんなキャラの復活、はたまたニューフェイスが楯の援軍に駆けつけるのを期待してます。

七月先生、藤原先生たちと共に、次回もしびれる楯やジーザス、「蝶」達の姿を見せてください。
 

読みました!

 投稿者:がーぷ  投稿日:2008年10月29日(水)15時12分18秒
編集済
  マスター、皆様、そして砕様、こんにちは。がーぷです。

月刊マガジンZ掲載の「VOID」、拝読しました。……いやもう、マスターらしさが紙面から溢れ出ていて、読んでいて嬉しくなっちゃいました。またも調子の悪さを忘れてにやにや。特に「ペイルホース」登場のくだりでは声をあげてしまいました。蒼ざめた馬……格好いいですよねえ。
「暁のイージス」級に政府や官僚の思惑が混沌としているし、主人公も他の登場人物も謎だらけだし、作画は綺麗で迫力あるし……今後が楽しみです。これがクロスオーバーしたらどうなるのか? 全く想像できません。それだけになおさら楽しみ。今後に大期待です。

>砕様
お久しぶりです。温かいお言葉、ありがとうございます。何か最近、不調が顔に出るのか、色々な方に励まされることが多くて……感謝してばかりの毎日です。不安で心細い中、温かいお言葉をかけていただけることは、本当に生きる力になります。砕様にもこうして励ましのお言葉を戴き、本当に砕様と「雁の巣」でお会いできてよかったと思います。おかげでまた、新たな力が湧いてきました。
砕様もお体に気をつけて頑張ってください。私も砕様のお言葉を決して無駄にせぬよう頑張ります。そしてまた「雁の巣」で盛り上がりましょう!
 

有難う御座いました。

 投稿者:  投稿日:2008年10月28日(火)18時56分7秒
  マスター、わざわざご説明有難うございます。
ちょっと理解に足りていませんが、分かった気がします。
あとはヒーロークロスラインとそれに関わる作品を読んで理解します。
壮大な物語ですね。と言うか今月号から連載なのですね。
近じか探してみます。

そしてがーぷ様、お久しぶりです。
心身とも不調のようですが、無理はなさらずして下さい。
そしてイージスを読んでいる間だけはそれを忘れられることは私も同じです。
また来月の増刊号を楽しみに頑張りましょうね。(単行本でも励まされますが)
 

最高!そして、楽しみです!

 投稿者:がーぷ  投稿日:2008年10月28日(火)18時31分27秒
  マスター、皆様、こんばんは。がーぷです。

「YSスペシャル」読みました! 実は今、心身の調子が最悪なのですが、「暁のイージス」を読んでいる間だけはそれを忘れることができました。特に最後のページで「彼ら」が登場したときにはもう……感無量です!

マスターは彼らを「出す」とおっしゃっていましたが、事態がここまで緊迫し、文字どおりの最終局面になってしまった以上、「やはり『YSスペシャル』に移ったから余裕がなくなってしまったのか……」と半ばあきらめていたのですが(何か他の先生方の作品も次々と終わりそうな雰囲気ですし)……マスターのお言葉を疑って申し訳ありませんでした! さすがです! 最高です!
事態がこれ以上ないほど悪化する中で、雁人とそのかけがえない仲間たちがどんな逆転劇を見せてくれるのか、心から期待します(特に甲斐さん。貴方の決断には期待していますよー)。

そして「ヒーロークロスライン」にも大期待です。「月刊マガジンZ」今号は店頭になくて知らなかったのですが、何としてでも手に入れます。「悪を狩る悪は正義たりえるか」。このようなキャッチコピーを持つ作品は、昔から大好きですので。これからも頑張ってください、マスター!
 

「HXL」PV製作 七月鏡一

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2008年10月28日(火)17時10分51秒
  【ニコニコ動画】HXL  「ジエンド序章 オルタレイション・バースト」  

「ヒーロークロスライン」

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2008年10月28日(火)14時53分3秒
   「ヒーロークロスライン」という企画を簡単に説明しますと…
 ひとつの世界観をベースに複数の作家でそれぞれに作品を作り、ひとつのユニバースを
作ろう、という事です。
 例えば「少年サンデー」で言えば「ARMS」と「からくりサーカス」は同じ雑誌に
掲載されていますが、まったく別の宇宙です。向こうのキャラクターとこっちのキャラクターが
会話したり行き来する事はありません。
 しかし「ヒーロークロスライン」ではそれがありなんです。
 複数の作家がそれぞれ生み出したキャラクターは、みな同じ世界に存在していることに
なっています。
 正当派変身ヒーローもいれば、生身に機械をまとったヒーローもいます。
 シリアスな漫画もあればコメディ漫画もギャグ漫画もあります。
 現代の日本を舞台にした作品もあれば、イタリアを舞台にした作品、未来の火星を舞台
にした作品、異世界を舞台にした作品もあります。
 この全てが実は同一の世界観に基づいていて、互いに影響し合って展開してゆくわけです。
 アメコミのDCやマーベルの世界観を想像してみると一番近いでしょう。
 スーパーマンとバットマンは実は隣り合った市に住んでいて、普段は個別の作品で主役
を張っていますが、大きな事件の時には共演して協力する関係にあります。そればかりか
DC社のヒーローを集合させた、ジャスティス・リーグというヒーローチームすら作っています。
 もう一つ分かりやすい例えはゲームの「スーパーロボット大戦」です。ゲッターとガンダムと
エヴァンゲリオンが同じ世界に存在し得る世界をあのゲームは作っています。
 しかし、これはあくまでもゲームという二次版権での世界です。ここからガンダムの
本編にその設定が持ち越される事はありません。
 こういう共演をクロスオーバーと呼びますが、「ヒーロークロスライン」は日本で初の
試みとなる、最初の段階からクロスオーバーを前提としたヒーローコミックス作品群なのです。
 企画の火付け役は村枝賢一氏とたかしげ宙氏のお二人です。私は二年ほど前から企画に
誘われていて、このたびようやく実現の運びとなりました。
 企画はずいぶん前に出していたのですが、漫画家さん選びに時間がかかったのです。
 韓国の李成圭さんを見いだすまでに何カ月もかかりました。

 第2話ではさっそく他の作品とのチラリとしたクロスをしています。
 ストーリーが進むにつれ、更に大きく他の作品とクロスしてゆく予定です。
 楽しんでもらえる人がいたら幸いです。
 

YSスペシャル2刊見つけました!!

 投稿者:  投稿日:2008年10月28日(火)10時21分41秒
  マスター、皆様こんにちは
YSスペシャルも月刊誌と聞いていましたので、そろそろ売っているかな?
と思いましたら、ありました!!
まだ購入出来ているかたも少ないと思いますので、詳しくはさけますが、
一つは雁人にとって苦渋の選択で今後がと凄く心配です。そして甲斐は己の非力さにあえぐと予想されますし、まさか彼らが救援に来てくれるとも予想はしていましたが嬉しいですね。あのシーンで登場されては感動して涙が出そうになりました。
雁人の旅はけっして無駄ではない。彼との戦いで闇にまたおちる所を彼らに
救われたのではないかと勝手に思い、来月を楽しみにしています。

最後にヒーロークロスラインサイトを見させていただきました。
色々なヒーローが集まってストーリーが出来るものなのでしょうか?
ゲームのスーパーロボット大戦シリーズを考えて楽しみにしています。
そのシナリオ作成がマスターでまとめた漫画を描かれるのが李成圭様でしょうか?マスターのコメントを見ると理解が違うような・・・
ロボット系が多いので間違った解釈しているかも知れませんね。
マガジンZも楽しみにしています。

しかし、守戸刑事のしぐさを見て登場したてのころ雁人にした行動を思う浮かべたのは他にもいるはず(笑)それが緊迫したシーンでついつい思い出して
しまいました。ではマスター頑張って下さい。楽しみにしています。
 

巴里は燃えているか

 投稿者:Red of blood  投稿日:2008年10月 4日(土)10時59分37秒
    マスター、こんにちは!
   「YSスペシャル」入手出来ました。
  ある意味ヤンサンの焔はまだ消えていないと思い
  感慨深かったです。
  暁のイージスいよいよ総力戦に入ってきましたね
  雁人側もそろそろ戦線復帰する戦士が出てくると思いますが
  みんなそれぞれの思惑で、、、
  それにしてもこのひと月は長かったです
  それだけに手にした時の喜びは!!
  次回も楽しみにしてます。


  ヤンサン休刊後忘れた頃にweezerのチケットが、、、
  これもなんか涙が出てきました、、、
 

(無題)

 投稿者:アイワナビー・・・  投稿日:2008年10月 3日(金)18時49分17秒
編集済
  「YSスペシャル」がどうしても見つからなかったので(大阪で一番大きい某書店にもなかった)、「ソク読み」で見ました。分裂劇、波乱劇の連続で、相変わらず息もつかせず読ませてくれて、次の一ヶ月が待ち遠しいです。あと、フランク・ルーデルはどこまでもキモかったです(笑)。その想いというか、考えが。それほどまでに「蝶」とつながっていたいのね・・・と、かなり濃いキャラでした。そのルーデルに「戦士」として対峙してあげたジーザスも、よくやります。果たして「蝶」が楯雁人にこだわる理由とは・・・・!?そして「蝶」の本当の過去とは!?七月先生、「蝶」のアビスからの復活の時みたいに、僕の予想を裏切ってくれる真相を楽しみにしてます。  

やっと見つけました。

 投稿者:  投稿日:2008年 9月30日(火)18時43分12秒
  YSスペシャルをやっと見つけました。本当に再開嬉しく思いました。
東京ウォーズまさか初めからあんな展開にページ数も多くて読み応えと来月が楽しみです。最終決戦に向け凄い事になって本当に再開できたことに嬉しくなりました。今まで以上の読めない展開に早く来月が待ち遠しいです。
 

暁のイージス

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2008年 9月29日(月)21時42分40秒
  「YSスペシャル」を手にとってくれた人、本当にありがとう。
どうやら書店の入荷状況にムラがあるようで、手に入らない人もいるようです。
全作品収録ではありませんが、小学館の「ソク読み」でデジタル編集版もリリース
されていますので、どうしても手に入らない人はこちらをどうぞ。
http://sokuyomi.jp/ys_sp/

「暁のイージス」、私の方はすでに第3号の原作を半分まで進めました。
意外なキャラの再登場などがありますのでお楽しみに。

“蝶”の隠された過去。なぜ彼が楯雁人に固執するのか。
すべてはそこに収斂してゆく事になります。
 

/10