投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:椎名かつゆき  投稿日:2009年 3月 4日(水)06時51分24秒
  どうも四コマの椎名です、突然で失礼いたします。
コメントとカッチョイイ寄贈ありがとうございました!!
漫画の李先生にも感謝であります。
 

暁のイージス・完結

 投稿者:すがたけメール  投稿日:2009年 3月 2日(月)21時36分0秒
   暁のイージス・最終6巻、拝読いたしました。
 9年もの長い間、本当にありがとうございました。
 この間、個人的にもいろいろなことがありました。
 何度『JESUS!』と吐き捨ててきたことか。
 何度雁人達の言葉に魂を奮い立たせて、生きる力に変えてきたか。
 TRPGの舞台として藍空市を勝手に借り、プロジェクト・バンダースナッチ以上にタチの悪い事件を計画中でもあります(笑)。
 人生の一部を彩る作品に巡り合わせて頂き……本当に、ありがとうございました。

 蝶との因縁は幕を閉じても、護り屋を求めるものがある限り、雁人は羽ばたきを止めない。
 暁に羽根を休め、今ひとたび夜闇を飛ぶ梟の前に、祝福があらんことを。

 そして『彼』もまた、熱砂の中へ―― という訳で、今から登録させて頂きます。

http://www.h3.dion.ne.jp/~sugatake/

 

暁のイージス6巻ゲット

 投稿者:  投稿日:2009年 2月27日(金)20時48分31秒
   今日「暁のイージス6巻」ゲットしました。
 仕事帰りに地元の本屋を廻り、3件目でやっと入手できました。

 連載時に「蝶の日」だけ未読でしたが、これで全ての話を読め
「暁のイージス」が自分の中で完結しました。
 「闇のイージス」連載開始から「暁のイージス」の準備期間を含め8年の時を経て完結した物語。
 キャラクター一人一人が「絵」ではなく「生きている」とても骨太で芯が通った物語。

 七月マスターのあとがきに「ありがとうございました」とありました。
 愛読者として一言「こちらこそありがとうございました」

 次は「JESUS砂塵航路」も単行本が出たら買いますので、頑張ってください。
 あと「8マン インフィニティ」も・・でますよね???
 

JESUS砂塵航路

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2009年 2月16日(月)18時06分22秒
編集済
  2月20日、小学館の携帯コミックサイト「モバMAN」にて『JESUS砂塵航路』スタートします。
毎月第1・第3金曜日に2話ずつ更新。
画面表示は1コマずつですが、1話につき雑誌18ページの分量があります。
つまり週刊連載とほぼ同じペースで作品をお届け出来るということです。

 第1回配信は下記の2本をお届けします。
  「Lesson.01 砂塵の彼方」
  「Lesson.02 クイーンⅠ」

ここに掲載したQRコードからアクセス出来ますので、会員登録されてからご利用下さい。
また、くれぐれもパケット料金に注意してご講読下さい。
各携帯会社が提供しているパケット定額サービス・パケット割引サービスなどを
ご利用されることをお奨めします。
 

初カキコですが^^

 投稿者:  投稿日:2009年 2月15日(日)15時48分52秒
  お初に書き込みます まずは七月・藤原先生 「暁のイージス」完走おめでとうございます! ハードボイルドの金字塔ともいうべきこの作品、早くラストが単行本で出ることを楽しみにしてます(主に単行本で見てますことはご容赦を^^;)。 「ジーザス」から「イージス」に至るまで先生方の描くキャラには喜怒哀楽や悲しみ、困難に立ち向かう姿 全てがかっこよすぎました・・・ 「イージス」も番外編としてゼロのアフターストーリーやゲイザーとの戦いを書いてもらえたら・・・と ひそかに期待しております^^ それはともかく 素晴らしい作品をありがとうございました!  

彼らはどうなってる?

 投稿者:聖徒怪鳥  投稿日:2009年 2月13日(金)03時56分24秒
  懐かしい「ジーザス」のレギュラーの面々の復活が楽しみです。水谷先生が出てくるのは当然として(言いすぎ?)、立派になった戸川や幸子の再登場が楽しみです。彼らは年齢的に楯や甲斐よりも少し下の世代だから(ジーザスが「24」を壊滅させた後カダスに渡って2度目の革命戦争を戦っていた頃が、ちょうどSAT時代の楯が「蝶」と出会った頃なんでしょうかね)、社会人の第一線でバリバリがんばっているんでしょうか。戸川は家が割とエスタブリッシュメントだったので、甲斐みたいに国家機関のキャリアをやってそうです(笑)。

あと、いいキャラだったのにすぐに顔を見せなくなった奴らの復活も期待してます。特に太田刑事とか「鷹」とか。朝比奈しほりは、ラストで橿原のじーさんの代わりに「雁の巣」の留守番を任されていた場面があったんですが、七瀬に引き継いで、しほりもどこか旅に出たんでしょうか?彼女もまた出てきたら面白いです。

「イージス」からの引継ぎキャラも気になるんですが、セラはジーザスが預かったので多分出てくるんでしょうが、原子力空母の戦いで壮絶に散ったように見えたサイードやアスランも、まだ使いどころがある、というか描かれるべきエピソードがあるように思えます(サイードとレイチェルの再会たか)ので出てきそうな予感がしてるんですが、どうでしょうか?サイードはもちろんの事、アスラン君も、以前狙撃で蜂の巣になって海に落ちても生存するなど見かけによらずタフガイなので、彼らの再登場の線も脈ありに思えるんですが(笑)。

ともかく単行本も出るということで、「砂塵航路」楽しみたいとおもいます。
 

 投稿者:hornet  投稿日:2009年 2月12日(木)18時08分57秒
  ジーザスの息子か娘が見たいんですが、まだですかねぇ
あと、闇のイージスで狙撃手に仕立てられた少年の再登場に期待しているんですが…
ああ、待ち遠しいです
 

「JESUS 砂塵航路」の単行本♪

 投稿者:riri  投稿日:2009年 2月11日(水)21時11分22秒
  ちゃんと出版する予定もあるとの事で安心しました。
そして、「JESUS 砂塵航路」の事も少し話して頂いてありがとうございました。
「暁のイージス」のアフターワールド、そして「ジーザス」の正統な続編なのですね。
個人的には戸川君なんかもまた出て来てほしいなぁ。
案外藤沢先生に影響されてその後教師とかになってそうな気がしたりしてます(笑)

単行本までお預け組ですが、単行本が出た際にはまた楽しく拝見させて頂きますね♪
 

砂塵航路

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2009年 2月 3日(火)09時30分48秒
  さて、2月になっちゃいました。
「暁のイージス」最終巻の単行本作業も終わりました。なんとも感慨深いです。
それでですね…
小学館の携帯コミックサイト「モバMAN」というものがありまして。
はい、そこで2月20日頃、新連載を開始します。

七月鏡一&藤原芳秀
「JESUS 砂塵航路」

「暁のイージス」のアフターワールドで展開する「ジーザス」の正統な続編です。
内容的には「学園もの」に分類されるでしょう。
既に私は5話まで書いてます。どうぞお楽しみに。
携帯で読めない方は単行本(ちゃんと出るってば!)をお待ちください。

その他、藤原芳秀さんとは青年誌の読み切り企画も進行中。
ちょっとこれまでとは毛色のちがうものを執筆中です。

「ヒーロークロスライン」作品「ヴォイド」の最終話をあげました。
しかし、あくまでも第1期完結です。「HXL」はまだ終わりません。
必ずや第2期がスタートするでしょう。願わくばそこに私も参加出来るよう努力
していきたいと思います。

スクウェア&エニックスのアーケードゲーム「ロード・オブ・ヴァーミリオン」の
シナリオとカードのフレーバーテキストの一部を昨年から担当しています。
こちらも携帯サイトにてバックボーンストーリー「女たちの神話」を連載中。
「バーサーカー戦記」「アサシン外伝」「   異聞」「    のサーガ」「   の童話」
という感じのものを書いてます。
 

シリーズ・イージス完結

 投稿者:夢幻の戦士  投稿日:2009年 1月27日(火)21時25分36秒
  初めまして。
マスター、藤原先生、暁のイージス完結おめでとうございます。
掲載誌が変わった時はどうなるだろうと思っていましたが、ああいうラストを見ることが出来て本当に良かった。
ただ残念なのは、その他の魅力的なキャラクター達との競演が見られなかったことです。
しかしいつか、また彼らに会える事を願っております。
最後になりましたが。マスター、お疲れ様でした。

忘れてた。
「8マン インフィニティ」も待ってます。
 

お疲れ様でした

 投稿者:riri  投稿日:2009年 1月27日(火)04時32分58秒
  暁のイージス最後まで完走お疲れ様でした。
そして次回作となる「JESUS~砂塵航路~」も楽しみです。
闇のイージス中盤からジーザスが再び再登場して来たものの、まさか暁のイージス終わりで今度はジーザスが主人公の漫画がまた読めるとは・・・。
しかし、携帯コミックサイトでの配信という部分だけがなんだか物悲しく思えます。
回数が溜まれば当然コミックス化はするんです・・・よね?
配信だけで終わるのは嫌なのでコミックス化も必ずお願致します。
 

マスター、ありがとうございました

 投稿者:がーぷ  投稿日:2009年 1月26日(月)20時13分58秒
  マスター、皆様、こんばんは。がーぷです。

マスター、藤原先生、お疲れさまでした。「暁のイージス」完結、おめでとうございます。この素晴らしい作品に巡り会えて、本当に幸せでした。ありがとうございます。

小学館様が最後まで漫画誌での終了にこだわり、それを貫いてくださったことは、読者として感激ものでした。いきなり休刊してフォローは一切なしというのが最近多く見られた中で、この英断は特筆に値すると思います。
けれど「暁のイージス」を読むと、ヤングサンデー休刊とYSスペシャル五回の中で終了させなければならないという制限の中で、削らざるをえないエピソードが幾つもあったんだろうな、と感じたのもまた事実です。幾人かの後日談はコミックス最終巻で補完されると思いますが、それでもやはり、雁人・ジーザス対ゲイザーの戦いや、劉伊健対HK残党の抗争、ゼロの物語などは長期連載の中で読みたかった。それだけが残念です。

マスターと藤原先生の新作「JESUS~砂塵航路~」は、携帯コミックサイト「モバMAN」での配信になるとのこと。作家の福井晴敏さんが雑誌「IN☆POCKET」のインタビューでも語っていらっしゃいましたが、「読者」が「読む」ための媒体は、紙資源問題や新しいツールの普及でどんどん変質しており、今後こういう変化はさらに増えていくのでしょう。いささか寂しい気もしますが、仕方の無いことなのでしょうね。

最後に「暁のイージス」最終話を読んでの感想を少しばかり。
ジーザスは、やはりどこまでもジーザスでした。彼の「どうしてこの子を受け取っちまったんだろうな」の呟きには、「それがジーザスだから!」と答えずにはいられません。彼はきっと、彼女に別の未来を見せてくれる。そう確信しています。
守渡刑事はやはり魅力的で、そしてどこまでも男前でした。彼女の活躍がまた見たいなあ……。
雁人は、暁を迎えながらも、護り屋としての道を選んだ。それは彼が「闇のイージス」だからではなく、闇へと呑み込まれる人たちを護る「楯」だからでしょう。いつかまた、マスターの御作品の中で、彼の名前が聞けることを(マスターのことですから、もしかしたら本当に出ちゃうかも?)期待します。「暁」を訪れさせた雁人に、その仲間たちに、惜しみない拍手を送ります。

「蝶」のラストは、私が期待していた通りのものでした(ああいうシチュエーションになるとは、もちろんまったく予想しておりませんでしたが)。「暁のイージス」第一話での「蝶」の微笑み。彼は自分でも気づいていなかったけれど、雁人に後継者になってほしかったのではなく、テロリストとして完璧な世界を創ってもらいたかったのではなく、ただただ自分の過去を上回ってほしかったのですね。そうすることでしか、完璧な世界という魂の救済は訪れなかった……。彼はまさしく雁人の闇の象徴でした。最後まで「過去と今の世界」を許しはしなかったが、「未来の世界」に希望を託した。その姿に涙がにじみました。

誰よりも犠牲者であったがゆえに、誰よりも凶悪な加害者にならざるを得なかった。今の世界では、こういう事態はさらに増え続けているような気がします。最後まで自分の過ちを認めなかった米国前大統領や、それに追随した小泉元首相の、自分の行為を正当化することにのみ腐心する恥知らずな姿。犠牲を煽る声明を出し続けるオサマ・ビンラーディンの狂信的な姿。それらを見ていると、いっそう強く痛感せずにはいられません。イラクで、イスラエルで、パレスチナで、いったいどれだけ多くの悲劇の種子が蒔かれたことでしょうか。
こればかりは雁人に護ってもらうわけにはいきません。この世界を少しでもマシな方向へと変えていくのは、現実の地球に住む私たちの役目です。とりあえず次の選挙には日本の命運が託されるでしょう。調査し、考慮し、さらに熟慮して、一票を投じようと思います。

もう一度。マスター、藤原先生、この素晴らしい作品を世に送り出していただき、ありがとうございました。「JESUS~砂塵航路~」にも期待しております。御二人とも、心身の御健康に気をつけ、頑張ってください。微力ながら、いつまでも応援を続けます!
 

ひとまずの完結

 投稿者:聖徒怪鳥  投稿日:2009年 1月25日(日)19時56分52秒
  今までどの本屋を探し回っても影も形もなかった「YSスペシャル」が、今号に限っては近所のコンビニであっさり見つかりました。まあ、増刷されたためかもしれませんが、おかげで「暁のイージス」の最終回は、ちゃんと生「YSスペシャル」で堪能できました。

「蝶」が、いったい本当は何を許せずにいたのか明らかになり、その葛藤から解放されたラストは良かったと思います。そして「蝶」は、実は雁人のアレだったという僕の予想は見事に外れました(笑 いや、アルフレッド・クインが「面影が似てる」とか言うものだからさ・・・)。

「蝶」に従っていた、「紋章」を背中に持つ戦士達もそれぞれ結末を迎えましたが、チャイナ服のお姉さまの背景などをもう少し知りたかった気がしますし、他のメンバーがアフターストーリーで活躍するかどうかも期待しています。特に隻眼のあの方は、どれだけやられても死ぬ気がしません(笑)。落し物も受け取っていませんしね。

先生方にはお疲れ様ですと言いたい所ですが、次回作へはノンストップで移行する勢いですね。タイトルからすると、あの男がまた新たな伝説をつくるのですか?そういえば、まだ彼の戦いは終わってませんね。そして僕は、モバMANとは一体何ぞやと言うところから、調べねばなりません。まだまだ続く「イージス」「ジーザス」のワールドが楽しみです。
 

暁のイージス完結

 投稿者:  投稿日:2009年 1月25日(日)19時34分53秒
   皆さんこんにちは仁です。
 本日「暁のイージス」の最終回読みました。
 ある程度予想していたのですが、最終回にあの5人が組んでラストダンジョンに挑むとは思いませんでした。
 砕さんの書き込みにもありましたが、寄り道なしのノンストップで少々物足りなさを感じはしますが、ysスペシャル増刊を出して全ての作品をきちんと完結までさせた小学館さんの対応には感謝しています。
 個人的には甲斐さんのその後とか、生き残ったセラの話とか、雁人にはラストで闇の世界から光の世界に戻って欲しかったとか気になることはありますが、とりあえず七月先生&藤原先生「暁のイージス」完結お疲れ様でした。

 次回作も頑張って下さい。
 それと「8マン インフィニティ」じっと待っています。
 

もう話が出ていたのですね。

 投稿者:  投稿日:2009年 1月24日(土)16時22分3秒
  マスター、藤原先生「暁のイージス」最終回お疲れさまでした。
どちらで書き込もうか迷いましたが、掲示板を見たらマスターからも最終回の
話があったのでネタバレなしでこちらに参りました。

しかしその他も最終回なのですね。中々「VOID」のマガジンZも見つけられずいつの間にか浦島太郎に(-_-;)
最近は、景気や色々で漫画も考えたり、久々に多額投資しガンダムバトラインと言うネットカードゲームをプレイ・・・否定することになるので一言
「私は退会しました。今後の更なる発展を期待します」で降りましたが、
景気といい、その他といい思い通りにはいきませんね。

話は脱線しましたが、YSスペシャルは予想通りの結果だったのですが、
小学館に感謝しております。寄り道なしのノンストップには寂しさも感じますがここまで配慮してくれたのは本当に嬉しかったです。お疲れさまでした。

そしてマスター、私としては若かりし頃の雁人の苦悩をもっと読みたかったです。でも無事?完結して長い旅路にホッとしたような、心にポッカリ穴が空いたような気分です。藤原先生、マスターとにかくお疲れさまでした。
次回作も期待しております。
ああ、さすがに完結は本屋さんで購入してまいりました(笑)プレゼントにも
送って見ようと思っています。しかし闇のイージスでのクオカード?が当たっていたら最高だったのに(笑)と思い出しました。

しかし、イージスは私にとって最高の作品でした。もちろん名作と呼ばれる
作品も多くありますが、あの当時、ストレス発散で何でも漫画を買っていた時「ジーザスの続き?とりあえず買ってみるか」から始まった「闇のイージス」がここまで自分に強い印象を与えるとは思ってみませんでした。

あれから何年経ったか思い出せませんが、結果的に世の中の底辺に該当し、
それでも「まだ何かやれるはず」と思いながら足掻いて、マスターの雁人の
回想あとがきに同じような気持ちが書かれていた時、嬉しかったことを
思い出します。

一つも上手く言っていませんが、とりあえず生きていることに諦めている
わけではありません。雁人にも出会い、マスターや皆さんと出会い、
良い事も嫌な事も色々ありますけど、何らかの縁はあるんでしょうね。
それによって支えられる。本人は1人で足掻いていると良く言いますが(笑)
本当はそうじゃないんですよね。雁人にしても、作品の皆にしても触れ合うことで色々進歩していくんですし、本当に長い間有難う御座いました。
長文になりましたが、本当に「イージス」お世話になりました。
また何処かでアナザーが読めることを期待しています。お疲れさまでした!!
 

最高に嬉しいです!

 投稿者:がーぷ  投稿日:2009年 1月17日(土)21時18分35秒
  マスター、皆様、こんばんは。がーぷです。

マスターの「近況!」を読んで驚喜しました! 私が書き込んだときにはもうすでに藤原先生との新作に取り組まれていたのですね!
今月の「YSスペシャル」に大きな楽しみが増えました。ファンにとっては最高に嬉しいニュース……また元気が出てきました。本当にありがとうございます!
 

近況!

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2009年 1月17日(土)04時04分50秒
  現在、新作を第3話まで書き進めています。
作画は藤原芳秀さんです。2月スタートです。
どういう媒体のなんという作品かは、「暁のイージス」最終回が掲載される
今月末の「YSスペシャル」で発表します。

「HXL」の「VOID」、いま最終回書いてるところです。この作品はちっとも終わ
りな気がしません。媒体さえあればいつでも続きを書きます。「HXL」は不滅ですよ!

スクエニのアーケードゲーム「ロード・オブ・ヴァーミリオン」の携帯サイト用に
ショートストーリー書いてます。これまた難物ですがやり甲斐あります。

某青年誌用の読み切り準備中です。資料集めが大変です。

一週間が10日あればいいのにと思わずにはいられないっす、はい。
 

遅ればせながら

 投稿者:がーぷ  投稿日:2009年 1月16日(金)16時34分36秒
  マスター、皆様、遅くなりすぎましたが、あけましておめでとうございます。がーぷです。

「暁のイージス」も次のYSスペシャルで最終回ですね。完結の際には「マスター、藤原先生、おめでとうございます! お疲れさまでした!」と申し上げるべきなのでしょうが、実は無性に悲しくて寂しくて……。この気持ちを味わったのは、「ジーザス」終了以来です。「VOID」なども拝読していますし、マスターの漫画は他誌でも読めるとわかっているのですが、やはりマスターと藤原先生のタッグでの作品は特別なのだと、今回しみじみと実感致しました。

十九歳から二十代の私の暗黒時代において「ジーザス」は、ずうっと物書き志望でありながら、うつで何も書けず苦しむ私にとって理想の作品であり、誇張でもお世辞でもなく太陽でした。それまでのジュブナイルでは、女が男の足手まといであったり、ただただ無意味に女が強くて男がヘタレであったりして、萌えなのか媚びなのか知りませんが、そのバランスの悪さが気になって仕方がありませんでした。どこか男が女を馬鹿にしたり、作者が読者に対して「こう書けばこいつらはこのキャラに疑似恋愛感情を覚えるだろう」的な小狡い意図を感じていました。

だからこそ、男も女もひたすら格好良く、しかもその強さにちゃんと根拠のある「ジーザス」は聖典でした。その後もマスターは他の先生方と組まれていくつも作品を創られ(『ARMS』も凄かった……。本当に凄かったです)、その都度感動させていただきましたが、中でもやはりマスターと藤原先生とのタッグが特別に感じられるのは、最初に御二人の実力を思い知らされた「ジーザス」が、あまりに鮮烈だったからです。

「バーチャファイター」(特にパイ編)でも「あのキャラたちがこうなるのか! こんな書き方があるのか!」と驚嘆し、そして遂に「闇のイージス」が始まり、また再び週刊連載で御二人の作品が読めると知ったときには、文字どおり狂喜乱舞致しました。
「BUGS」でも「暁のイージス」でも、男性も女性も自分の足で立ち、強く生きている。その姿に「傷」と「誇り」。「美学」を感じます。両「イージス」での、混沌たる現実世界へのメッセージにも強く心打たれました。「不殺」を貫こうとする最強の護り屋・楯雁人の前で、それでも護りきれない大勢の人々が死んでいく。その凄惨な光景に、某週刊漫画誌での不殺の流浪人漫画のようにみんなが助かる偽善的ご都合主義とは全く異なる、厳しい現実へと繋がる痛みを感じました。打ちのめされました。

まだうつが治らない私ですが、マスターと藤原先生の御作品は、今でも常に理想であり続けています。「いつか必ずあんな作品を書くんだ!」。その憧れと思いが、うつうつな私を支えてきてくれました。本当に、いくら感謝してもし足りないです。ありがとうございます。

「暁のイージス」最終話を読む日まであと数日。楽しみに待ちます。心して読ませていただきます。そしてマスターと藤原先生のタッグがまた別の機会に読めることを期待しています。今後も心身の御健康に気をつけて、頑張ってください!
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:ザキ  投稿日:2009年 1月 2日(金)18時51分24秒
  明けましておめでとうございます
次の巻でイージスも終わりですか。
次の巻が待ち遠しいです。

「VOID」が配信始まっているんですか。
どうも小説や漫画は本でないと読めないので、本待ちにします。

YAHOOの新聞でコメントを載せることができるようになったので、最近そのコメントを読むのにはまってます
特に政治や経済の事は色々と調べて書き込む人がいるので、勉強になります

今年もよろしくお願いします
久々のザキでした
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:Red of blood  投稿日:2009年 1月 1日(木)20時11分5秒
  マスター明けましておめでとうございます。
いよいよ次回で愛すべきイージスともお別れですか。
悲劇的な最後か?それとも次回への布石か?
まさかハッピーエンド?
いろいろと楽しみにしてます。
しかしここまで連載が続いたことに感謝しています。
現実では、テロのほかにアメリカ発の大不況がありどうなることか、、、
経済は今のところ守備範囲外のようですが、
専門のテロの方はこれもまたアメリカがらみで戦争に傾いて行くのかと
不安です。
YSスペシャルもかなりの作品が最終回で
諸先生にありがとうと次回作への期待の気持ちでいっぱいです。
次回もマスターと藤原先生の阿吽の呼吸が見れることを期待してます。
今年もよろしくお願いします。
 

/10