投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


仕方ない ヤングガンガン 愛読しょ

 投稿者:山本美孝メール  投稿日:2010年 4月 3日(土)03時03分31秒
編集済
   「川柳で決めて(字余りっぽい)?」みましたけど、携帯コミックより遥~かに安いので嬉しいです。「死をふた」も同時に読めますし♪「牙」というと「狼」かな「虎」かな~とか勝手に連想してしまう私でした。
 余談ですが私は処女作のジーザスに出てくる「しほりちゃん」もファンでした。

http://www.patbank.net/keitai/

 

新作開始します

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2010年 4月 2日(金)04時39分32秒
編集済
  5月7日発売。「ヤングガンガン」10号より新連載スタートします。

タイトル:『牙の旅商人』

原作:七月鏡一

作画:  梟
 

最後

 投稿者:マンガー  投稿日:2010年 3月31日(水)01時04分57秒
  みなさま
ご迷惑おかけしました。
申し訳ありません。
もう二度と書き込みに来ませんのでご安心ください。
さようなら。
 

七月先生の懸念理解しました。

 投稿者:山本美孝メール  投稿日:2010年 3月30日(火)23時28分25秒
   私の実名は林石隆なので、色々なやりとりを「若いなw」と感じるのですが、七月先生が(婉曲に言葉を選んで)コメントしておられますので、私はもう言うことがありません。

 半月ほどは皆さん、(私も含めて)黙って頭を冷やした方がいいんじゃね?

 余談ですが、人の価値観はそれぞれ違います。ただ、大昔にNiftyのシスオペをやった体験から、できるだけ炎上しないようにと意識してコメントを書いてきました。但し、その意図が成功したのかは分かりかねています。

http://www.patbank.net/keitai/

 

えーと

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2010年 3月30日(火)21時07分49秒
  結婚した友だちからなれそめを聞きたかったら、
「失礼だけど、あの人とあなたって釣り合ってないように思うの」
という切り出しはやめましょう。
どんなに悪気はなくとも空気が悪くなります。
 

フォロー

 投稿者:hornet  投稿日:2010年 3月30日(火)20時17分44秒
  僕が言うのもなんですが、Kさんはあまり気を落とさなくて良いと思いますよ
Kさんがやらなければ、僕が同じような騒ぎを起こして反省していたところでしたから
そうなった場合、管理者であるマスターとか良心的な利用者であるリリィさん(名前が分かる人代表で)とかに迷惑がかかっただろうことだけが心残りになるわけですが
今回の件についての僕個人の印象ではそれ以外のことに特別気にかけなくてもいいという感じです
なんか騒ぎになる前から雲行きが怪しくなってて、好き嫌いで喧嘩になる寸前の雰囲気でしたから
別に貴方一人が猛烈に反省しなくても他に同じくらい反省すべき人が僕も含めて何名もいると思うし
その人達が反省する限り2度目はないと思ってプラスにとらえときましょうよ
 

お勘定お願いします。

 投稿者:  投稿日:2010年 3月30日(火)15時31分10秒
  どうやら飲み過ぎて
悪酔いしてしまったようです
山本さん、マンガーさん
酔っ払いの若造が生意気に
絡んでしまって大変申し訳ありませんでした(_ _)

酔いが醒めた頃にまた
こちらに遊びに来た時には
今度は楽しいお酒の席に
ご一緒させて頂いても宜しいでしょうか?

それではお邪魔致しました。
 

(無題)

 投稿者:マンガー  投稿日:2010年 3月30日(火)11時25分2秒
  山本さんがうまくまとめている感じでしたので、Kさんのいわれには腹が立つものの意見の程度が小学生じみているので議論する気にも慣れず、放っておこうと思いました。
ここで下手に反論するとKさんのズレた正義感に油をさして迷惑がかかるからです。
止まらないみたいなので書かせていただきます。

>Kさん

>私が過剰に反応しすぎてるだけ

そのとおりだと思います。
Kさんのやられていることって政治家の失言をつかまえようとするメディアの言葉狩りみたいですよね。
先生方の代弁者になっているわけでもなく、私見で拡大解釈をして勝手にひとりでヒステリック起こしているようにしか見えません。代弁者のような振る舞いをされたいのならもうちょっとバランス感覚をもっていただきたいかと思います。

>ボロクソに批評
>たかしげ先生と組んだ事が失敗の元凶

誰もそんなこと書いていないです。
私の主観で相対化しただけで、本が合計で何冊売れたとか、数的評価があってのことはありません。

別に私はたかしげ先生の悪口を書いているつもりはなくKさんが勝手にそう取っているだけです。
たかしげ先生に関しては、魅力的な方だと思っています。
七月鏡一先生と正面議論ができて、クロスオーバーの適合条件にかなった選ばれた方だからです。
誰でもどの作品でもってわけではないとのことでしたので、お互い認め合っている関係なのでしょう。

数多くの作家の中で、たかしげ先生の相性、考え方、作品の魅力などどのような具体的な箇所に魅力を感じたのか気になっただけです。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2010年 3月30日(火)10時23分18秒
  シンプルに考えますが
山本さんの中では
ある作品を読んで面白くなかったとします
作品についていろいろ意見を言うのはアリだと思います
作家さんについてもいろいろ言うのは山本さんの中ではアリで当たり前の事なんですか?
また例えとして
山本さんが好きな
作品の作家さんの事をボロクソに批評されてても
まったく何とも思わないって事でしょうか?

私が過剰に反応しすぎてるだけなのでしょうか
やはりそれは押し付けでもあり
自分が好きな作品は他の人も絶対気に入る
面白いに決まっているという感情なんですかね…

私の場合はやはり
好きな作家さんの事を
悪く言われているのを見ると
言い方悪いですが
とても気分が悪く腹が立ってしまいます…

でも人それぞれ好きな人もいれば嫌いな人もいるわけで
皆が皆イエスマンではないというのも分かっているんですけどね
冷静に考えるとやはり
山本さんのおっしゃる通り騒ぎすぎだったのかもしれません

大変ご迷惑をおかくしました
七月先生、ブログ並びに掲示板のほうで
無様な言い争いをし荒らしてしまい申し訳ありませんでした(_ _)
 

侮辱となりても………

 投稿者:山本美孝  投稿日:2010年 3月30日(火)00時41分19秒
   私の脳内には「侮辱」とか「不快」と言った言葉が存在していません。また変な「正義感」も持ち合わせていません。ですから、「注意」しようとも思わないし、Kさんの憤り(いきどおり)も共有できません。申し訳ない。

http://www.patbank.net/keitai/

 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2010年 3月28日(日)21時14分11秒
  クロスオーバーについて肯定・否定あってもいい
それはひとまず置いといて
ただ一つ私がどうしても無視できなかったのは
いくらマンガーさんの中で七月先生がNo.1だろうと
他の先生の事を何言ってもいいかと言ったらとんでもない話で大間違いじゃないかと思ったんです

作品の好き嫌いは
読んだ人の数だけ捉え方は何通りもあります
ただ明らかに七月先生とたかしげ先生とを比較したかしげ先生を侮辱したかのような言い方が
どちらも好きで尊敬している私からしたら
とても許されない最低な発言だと、これは見逃さずハッキリと注意すべきだと思ったし
なによりも現在クロスオーバーでたかしげ先生とご一緒に仕事をされてる七月先生はもちろん
作画をされてるDOUBLE-S先生も
あのブログのマンガーさんの書き込みを見たら
不快に思われるでしょう

決して大袈裟でも騒ぎすぎだと思ってはおりません。
 

謝罪とか撤回とか大げさな

 投稿者:山本美孝  投稿日:2010年 3月28日(日)20時36分2秒
   ちなみに私はマンガーさんじゃありませんが、前に「死がふた」を読みもしないで、クロスオーバーに疑問を感じ、ブログでコメントした一人です。ただ読みもしないでクロスオーバーに否定的な自分を反省して「死がふた」を読みました。
 それにしても、「謝罪」とか「撤回」とか大げさに騒ぎ立てる方が、このバーの雰囲気を壊す気がします。他のコメントでも書きましたが、色々な意見や見解を統一する必要なんてないんじゃないですか?「自分と同じ意見しか認めない。」というのは変ですよ。

http://www.patbank.net/keitai/

 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2010年 3月28日(日)15時57分34秒
  マンガーさん
>失礼な話、たかしげ先生は現時点で言ったら七月鏡一先生よりも実績も人気もないわけですし。

たかしげ先生の作品を読みもせず何も知らないのに
その言い方は大変失礼なんじゃないですか?
死がふたが好き・たかしげ先生の作品が好きでなおかつ七月先生の作品と両作品を読んでる方もこちらのブログを拝見してると思います
不適切な発言だと思います
たかしげ先生の作品を大好きで読んでる方々、そして何をもってして憶測で軽々しく実績も人気もないと言い放った、たかしげ先生へ謝罪し発言を撤回して下さい。
 

ブログに書きましたが………

 投稿者:山本美孝  投稿日:2010年 3月28日(日)11時22分13秒
  良くない点があれば、修正致しますのでご指摘・ご注意ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/patbank_net/59691178.html

http://www.patbank.net/keitai/

 

とりいそぎ

 投稿者:七月鏡一  投稿日:2010年 3月25日(木)18時01分13秒
編集済
  私は許可も不許可も出す立場をとりません。
どんな本を読んだ何を食べたなどをブログに書くことはいちいち許可は要らない
範囲と思っています。
 

トラックバックでなんとかします。

 投稿者:山本美孝  投稿日:2010年 3月25日(木)13時23分14秒
   七月先生。お世話になります。先日の漫画の本のキャプチャについては、正式な許可が降りるまではモザイクをかけることにしました。また即答しがたい質問で申し訳ございませんでした。

 私は七月先生ほどの大作家ではありませんが、これでもパソコン書籍を14冊書いています。稀に拙作のファンの人から「書籍の表紙を使っても(・∀・)イイ!!ですか?」と尋ねられた時には快諾することにしています。

 もっともパソコン書籍とコミックスとは違うわけですから、一概には言えません。どちらの場合も「著作権的にはグレーゾーン」であることも分かっています。ただ、知財に詳しい(と自負してるだけだが、大して詳しくもない)私の見解は「漫画であれ小説であれ、表紙のキャプチャくらい大目に見て欲しい。」のが本音ではあります。

 それともトラックバックが筋かなぁ。

http://www.patbank.net/keitai/

 

(無題)

 投稿者:ジャッジメント  投稿日:2010年 3月21日(日)13時31分42秒
  マスターこんにちは。

いつもカウンターの隅で黙って飲ませて頂いていますが。
最近は声の大きな、それでいて少し…非常識というか…

いや、やめておきましょう。酒が不味くなりそうなので、
今日はもう帰ります。では。
 

ジーザス文庫本1巻を入手

 投稿者:山本美孝  投稿日:2010年 3月15日(月)14時07分25秒
編集済
  七月先生、こんにちは。

>>>平井先生の解説をいただいているのは第1巻です。
 これを読んでびっくりしました。なんと平井先生と七月先生が共同プロジェクトをされているとは………(あれ?これってネタバレかなm(__)m)
 第7巻も購入する予定です。

 七月先生が書いておられる通り、増刷がかかっているものを入手しました。2003年1月10日初版で、2010年1月20日の第3刷を本日Amazonからゲットしましたよ♪

 ご回答は急ぎませんが、この1巻購入を私自身のブログに書いても良いでしょうか。ってかそれは書いてもネタバレにならなければ問題ないと思うのですが………

 問題は藤原先生のイラストが載っている本の表紙をスキャンして掲載しても良いかという点になります。私はいつも著作権的な観点でモザイクをかけるのですが、このくらいの小ささならモザイクかけなくても黙認してもらえるのでしょうか?………どうなんでしょう。ちなみにご回答は急ぎませんので、お手隙の時にご教示いただければ幸いです。

http://www.patbank.net/keitai/

 

藤原芳○

 投稿者:  投稿日:2010年 3月 9日(火)09時47分5秒
  死がふたりを分かつまで
11巻末のクロスオーバー企画の
作画:藤原芳彦になってましたね(^^;)
 

(無題)

 投稿者:マンガー  投稿日:2010年 3月 9日(火)00時26分55秒
  七月鏡一様
ご返信ありがとうございました。
入手が難しい本もあるみたいですね。
いろんな兵器が出てきてそれがすごいなと。
ものすごい銃兵器に詳しい人なんだろうなと想像していました。
 

/10